top of page
GettyImages-1272319404_ravid.jpg

10年後、
寄付がより身近でPOPに

みんなの ′ 好き ′ や個性、発想と「寄付(共感や応援の気持ち)」を

クリエイティブでつなぐ

私たちは寄付を「⼩さな幸せの循環」と定義

寄付とは⼈を思う気持ちや共感、応援の形であり
⼈と⼈をつなぐツールの1つです。
この観点から、寄付の魅⼒や可能性を追求します。

KIFU
CREATE
is...

既存の在り⽅に囚われない⾃由な発想で、
寄付活動と寄付への参加拡⼤を⽬指し活動して参ります。



  ⾃由な発想で寄付の仕組みや企画をつくり、寄付への接点、入り口、選択肢を増やす。
​✔  寄付を通し様々な社会課題を知るきっかけにつなげる。
  業界、地域、団体など様々な垣根を超えたコラボレーションで、より多くの層(特に寄付参加したことない層)へ届ける
​ 寄付コンテンツを提案。

寄付ってもっと自由でたのしくていいんじゃない?

​寄付を「正しいこと」から「楽しいこと」へ

寄付の既存な在り方に囚われず、みんなの自由な想像力や発想で「寄付」の新しい概念、仕組みを作る。

寄付と言う行為が「正しいこと」から「たのしいこと」へ変わると、

寄付ってもっと自由でたのしくていいんじゃない?

寄付ってもっと自由でたのしくていいんじゃない?

寄付の既存な在り方に囚われず、みんなの自由な想像力や発想で「寄付」の新しい概念、仕組みを作る。

寄付の既存な在り方に囚われず、みんなの自由な想像力や発想で「寄付」の新しい概念、仕組みを作る。

Read more

in preparation

VOICE

STORY

2016年、私は個人で小さな寄付活動を始めました。

当初、寄付に対して特に興味を持っていたわけではありませんでした。

10代の頃、給料の10%を寄付することが良いと書かれていた本を読み、いつかはやってみようと思っていましたが、「今月はお金がないから」「もっと稼げるようになってから」という理由で先延ばしにしていました。

社会の課題も、自分にはさほど身近とは感じていませんでした。

 

しかし、価値観は一変しました。

私の価値観が大きく変わったのは、子どもの小児難病の発症でした。

3歳で発症し、一緒に病棟生活をしながら、知らないことを知り、見えていないものが見え、リアルに多くを感じる時間でした。

 

「私にできることは何だろう?」と考え、病院のベッドの中で生まれたのが、「Charity Photo」です。ヘアメイクができること、クリエイターの仲間がいることを生かし、この強みを寄付アクションに活かすことにしました。

これが私が寄付に関わるきっかけです。

以降、様々な寄付コンテンツを考えて試行錯誤する中で、支援団体との交流や他のチャリティー活動にも参加し、寄付の魅力や可能性を大いに感じました。しかし、同時に葛藤も生まれました。

子どもの病気について話すことや寄付への呼びかけが増える中、大変さをアピールすることが私の中で自然とひな形になっていました。

そこで、「息子は病気だろうとそうでなかろうと、魅力的で大好き。なのに、話をするときはなぜネガティブばかりにフォーカスして伝えてしまうんだろう…。それに、寄付に感じる可能性や魅力はこの側面から発生しているものなのか?」と考えるようになりました。

現状を知ってもらい、寄付に参加してもらうことは大前提ですが、ネガティブな共感だけに寄せる必要はないと気づきました。

寄付は人を思う気持ちや共感、応援の形であり、人と人をつなぐツールの一つ。この視点から見れば、寄付にはまだまだ見えていない可能性があると思います。

「なんか寄付っていいね」という会話が増え、その先には寄付がごく自然なものになればいいなと思っています。

山本麻未/代表
 


19歳でヘアメイクアップアーティストに師事。 独立後、ヘアメイクアップアーティストとして東京コレクションをは じめ、広告、雑誌、TV、映画、ドラマ、タレント、アーティストなど のヘアメイクを行う。 高校時代交換留学生でマレーシアへ滞在した時に、アジア、東南アジ アでヘアメイクをする目標を持つ。まずは中国を知るため23歳で中国 渡航。中国のファッション雑誌、TVのヘアメイクを担当。 現在日本で活動。 1児の母。 こどもの病気発症と小児病棟での入院生活の経験から様々な支援団体 との交流やサポートを経て「寄付をもっと身近でPOPに」をテーマに 寄付に関する活動開始。チャリティーイベント、企業とコラボレーシ ョンしたBeautyCharityを行う。 2017年1月アジアンビューティープロジェクト始動。 ベトナムホーチミン、ダナン、カント-市にて企業向けの美容講習等 を行う。 2020年寄付ブランド立ち上げ、2021年キフマガジンKEEFUを発刊。 2022年一般社団法人キフクリエイト設立.。

N0110_0761a1.png
スライド1.PNG
29939812_2148498095167173_1706984738_n.jpg

​事 業 内 容

■ 寄付に関連したマガジン、書籍の企画、立案、制作、発行、出版、販売
■ 寄付に関するイベント、コンテンツの企画、立案、制作、運営
■ 寄付に関連する商品の企画、開発、製作、販売
■ イベント、セミナー、講演会、研修会の企画、立案、実施、管理及び実施並びに講師派遣、紹介
■ 寄付に関連する企画、調査、運営、受託、並びにコンサルタント
■ デジタルコンテンツ、NFTを活用したサービス事業 

団体について

■名称     一般社団法人キフクリエイト
■設立日    2022年8月
■代表     山本 麻未
■所在地    東京都板橋区
​■メール    2022.kifu@gmail.com
■ホームページ http//www.kifu2022.com

bottom of page